学部?大学院Department

高度情報社会に不可欠な、
「創造」と「解決」
について考える

本学科のテーマは、現代社会の問題を理解した上で新しい生活と企業活動を提案することです。24時間活動する都市、複雑化?高速化するビジネス、海外の人材や企業との協働。このような高度情報社会に強く求められているのは「創造」と「解決」です。その現状を踏まえ、本学科では社会の問題を発見?解決し、新しい情報社会を創造する人材を育成しています。

前へ
次へ

カリキュラム

1年次
基礎を習得し
学びの方針を固める
「基礎演習A?B」で情報社会学科の学びと教員たちの研究分野を知るとともに、「情報社会と法」「データベース入門」など、基礎的な知識を習得します。
2年次
専門性の高い学びから
知識と技術を習得する
「プロジェクトマネジメント演習」ではモノづくりの体験を、「情報処理実践演習」では基本情報技術者試験や応用情報技術者試験の対策を実施します。
3年次
「ゼミナール」で
さらに知識を深める
自分が専門とする分野を決め、さらに研究に携わる教員を1名選択します。ゼミナール、もしくは研究指導と呼ばれる少人数教育が展開されることで、より情報社会に関する知識が深まります。
4年次
学びの集大成
「卒業研究」の作成
原則として「ゼミナール」と同一教員の下、「卒業研究」に取り組みます。同時に、進学や就職といった卒業後の大切な準備をゼミ教員と二人三脚で進めていきます。
必要単位修得数及び取得可能学位

※2021年度入学生用カリキュラムです。

卒業に必要な単位数 取得可能学位
共通教育科目 14 合計124 学士
(情報学)
外国語科目 必修 4 6
選択 2
専門教育科目 学部共通 6
必修 44
選択 54

専門性を極める“領域”

将来の目標に合わせて学べる2領域を用意しています。

計算社会科学領域

情報社会においてはIT の発展によりビッグデータをはじめとして、さまざまな種類のデータを収集することが可能になっています。本領域ではこれらのデータの収集法と分析法を学び、現代社会を理解することを通して、情報社会における問題を発見し、その解決法を提案する能力を身につけます。

プロジェクトマネジメント領域

アイデアだけでは、大規模かつ複雑な社会問題を解決することはできません。本領域では市場分析、企画、設計はもちろん、共同開発を効果的に進めるマネジメント手法も修得。情報社会の基礎をつくる情報システムなどの構築能力と、リーダーシップを磨いていきます。

取得可能な免許?資格

  • 高等学校教諭1種免許状 情報
  • 社会調査士
  • 図書館司書